自分の身体を丁寧に動かし、音楽を感じて、相手の身体を丁寧に扱い、最高に心地よく踊ろう!

Top
Index/What's NEW
レッスン・スケジュール
レッスンについて
プライベート・レッスンについて
受講生さん方の感想
ダンスの種類と範例動画集
よくある質問
オススメCD & DVD
イベント情報
販売物
Mailing List
Link
Profile
Contact



★ダンス上達のコツ★


・基礎・基本は念入りに。
「基礎を制する者は全てを制す!」


初めてダンスを経験したり、
ベーシックステップがなんとなく踏めるようになったり、習い始めの頃は、
応用やデコレーションなどの華やかな動きに目を奪われやすかったり、
トライしてみたくなったりしやすいようですが、
ダンスでは、姿勢、インナーマッスルの育成と正しい使い方、
体重移動、リズム&タイミングなどの習得がとても大切です。

それは、積み木を積み上げるのに、
土台がしっかりしていないと、うまく積めないのと同じことです。

これらは無理な使い方をすることで体を壊す原因にもなりえたり、
また、日常生活習慣によっては、崩れてしまいやすいものでもあるので、
繰り返し見直して確認していければ、
末永くより良いダンス・ライフを楽しむことができることでしょう♪


・いろいろ試してみよう。
「自ら試行錯誤する者に光明は訪れる!」


上達する早さは人それぞれ。
膝などの関節を良く使うスポーツをしていた人、
リズミカルな動きを要する球技などをしていた人、
余計な力みがない人や、人の物真似が得意な人は、
上達が早い傾向があります。

また、飽きる程、それ以上にひたすら
基礎を集中して念入りに繰り返す人は、
ある飽和点を越えると飛躍的に上達する傾向があります。

そして教える人の教え方や、その順序、速度、ポイント、表現は多種多様ですが、
たまたまお互いの意思の疎通をスムーズにし合える
先生に出会えたり、そうではなかったりします。
これは「そうではない」タイプの先生が劣っているをいう話ではなく、
人それぞれ異なるので、誰が自分に合うかは試してみなければわからない、ということです。

一番高いハードルは、概ね
「自分の体がどう動いているか」把握して自覚することですが、
他人(先生やパートナー)のせいにするのではなく、
自ら試行錯誤をたくさんする人が、
最も上達する可能性を秘めていると言えるのです。
覚える時のポイントの言い事や、リズムの取り方も、
自分で自分にしっくりくるもの、すんなり行くものをいろいろ試してみましょう!


・焦らない。
「焦るダンサーは実りが少ない?!急がば回れ!!」(^^;)


これは、時間と労力をかけずに基礎をおろそかにして焦った場合に言える言葉です。

もし焦るにしても、短期間に死ぬほど基礎をやりこんだ場合は、
実り豊かなものとなることでしょう。

ラテンなダンスは、ナチュラル・ムーブメントがひときわ目立つ動き方です。
ごく自然な動きを易々とやってのける人々を見て、
「なんで自分はこんな不自然な動きになるんだ」
と落ち込むこともあるかもしれません。
また他人に対して同様に思ったり、言ってしまうことがあるかもしれません。

そんな時は厳しい気持ちや言葉はぐっと飲み込んで、
「まだ慣れてないだけ」
「飲み込めてないだけ」
「ある程度時間が必要なんだ」と
温かい目で見守ってみてください。

ダンス上達には、慣れが大きな要素のひとつです。
動きは、習慣づけていくものです。

矯正して上手くいくようになることはありますし、それはとても便利ですが、
慣れていくことでのみ得られるものや、そうでないと失ってしまいやすいものもあります。

そして記憶は、
ドイツの心理学者エビングハウス氏(Ebbinghaus,Hermann1850- -1909)の実験によると、
ある学習の記憶は,20分後に42%を忘れ、1時間後に56%、
1日後では74%が忘れられてしまうとのことです。
できるようになったと思っても、すぐに100回くらい繰り返して
せめて中期記憶に染み込ませなければ、消えてしまうようです。

また人は1つのことにしか集中できない、と言われています。
1つのことを無意識にできるようになるくらい馴染ませて、やっと
他のことに集中できるようになるのです。

焦らずに気長に取り組むのがベスト!
急がば回れで行きましょう!!

他文化である音楽やリズムやダンスを体得することは奥が深く、
一生かけても足りないかもしれません?!(・∀・)


>Blog<



★ダンス・レッスンの流れ★


1.ストレッチ
2.アイソレーションforラテン・ダンス・ムーブメント&スタイリング
3.リズム・トレーニング
4.基礎ステップ各種
5.基本ターン各種
6.応用ステップ
7.応用ターン・バリエーション
8.各種ステップとムーブメント&スタイリング
9.基本ペアワーク
10.基本ペア・ターン
11.応用ペアワーク
12.応用ペア・ターン・バリエーション
13.各種ペアワークとムーブメント&スタイリング
14.多人数での遊び方いろいろ

一人で踊るものは8.まで、
組んで踊るものは14.まで、となります。
1.〜5.と9.〜10.は、上達してもしっかり反復練習することをオススメします。

実際のクラスの中では、
これらの順番やプログラム内容は
都度変更となる可能性がありますことをご了承ください。

また、これらの中で、
・ダンスにおけるコミュニケーション・テクニック&マインド
・ダンスにおける遊び心養成ゲーム的なもの
などが、随所に織り込まれることになっております。


☆1.〜3.などでよく使っているCDのご紹介☆
(その他オススメ音源については Recommend CD & DVD のページをご覧ください)

HIP-HOP/R&B/REGGAE/REGGAETON/LATIN POP/MPB/BOSSA NOVA




★ダンスのクラス分けについて★


(1)入門・初心クラス(基礎)
(2)初級クラス(基本・応用)
(3)初中級クラス(応用)
(4)中上級クラス(研究・アレンジメント・クリエイト);カンパニー・グループ※


※カンパニー・グループは、激安月謝(個々のレベルに準拠)にて、全レッスンへの参加、
及び、各種ラテン・ダンス研究などの推進が可能。
所属条件は以下になります。

・(1)(2)(3)クラスへのある程度の定期的参加でのアシスタント業務(頻度に応じて薄謝あり)、及び一般生徒さんに対するフォローアップ。
・チーム・パフォーマンスの練習と発表への参加。
・同ジャンルの他ダンス・グループに限り、掛け持ち所属は原則的に禁止となります。
・カンパニーメンバーが同ジャンルのラテンダンスレッスン、パフォーマンスなどを独自に行う場合は、講師への事前相談・報告が必要となります。
・カンパニー脱退、或いは独立後、同ジャンルのラテンダンスの指導・オーガナイズなどに関わりプロフィールを掲示する際は、
 3年間は同カンパニーメンバーであったことの表記が必要となります。





Copyright © Since 2006 Tropicaholic Afro-Caribbean Music & Dance Institute Co., all rights reserved.